姫椿流 隠居生活への道

少ないモノで暮らすアラフィフ姫椿のブログです。

シュガーフリー生活を始めて2ヶ月。体重と欲求の変化

Waffle Heart, Waffles, Icing Sugar

 

シュガーフリー生活を2ヶ月続けて変化したこと

 

ゆるいシュガーフリー生活を始めて、約2ヶ月が経ち、様々な変化が現れました。

 

まずは、体重が2kg減りました。

 

それから、砂糖を使った甘いものへの欲求が少なくなりました。

 

たったの2ヶ月でこの変化。

 

しかもそんなにガチガチのシュガーフリーではありません。

 

自分自身、とても驚いています。

 

ゆるシュガーフリー生活

 

完全な砂糖絶ちはハードルが高いので、私はおもに、砂糖を使ったデザートを食べたり、甘い飲み物をとる回数を減らすことを実践しています。

 

www.himetsubaki2017.com

具体的に実践したことは、以下の点です。

 

  1. 夕方のおやつをドライフルーツとナッツにし、飲み物は無糖の紅茶か緑茶に
  2. 濃縮還元果汁100%ジュースを飲まない
  3. 職場で食べるお菓子は高カカオのチョコレートを1日3個まで
  4. 朝食はご飯(おもに玄米か雑穀米)と味噌汁に
  5. 外食時や休日は何を食べても良いことにする

 

①夕方のおやつをドライフルーツとナッツにし、飲み物は無糖の紅茶か緑茶に

 

会社から帰ると、お腹がペコペコです。

 

それにとても疲れているから、甘いものが欲しくなるのですね。

 

だから、帰宅したらすぐにおやつタイムです。食パンを焼いてバターとジャムを塗ったものに、砂糖入りのインスタントコーヒーを淹れて頂くのが、至福の時でした。

 

時々むしょうに生クリームが食べたくなり、帰宅途中にロールケーキを買うこともありました。

 

でも、この習慣をやめて、無糖・無添加のドライフルーツとナッツを食べることにし、そして砂糖入りのコーヒーもきっぱりやめて、無糖の紅茶や緑茶を飲むようになりました。

 

②濃縮還元果汁100%ジュースを飲まない

 

100%果汁のフルーツジュースは、いかにも栄養があるような感じがします。

 

しかし、ストレート果汁ならまだしも、安価で売られている濃縮還元ジュースは、加工の段階で食物繊維がほとんど無くなり、栄養成分も少なくなっているそうです。

 

私は以前、結構な量のフルーツジュースを1日に飲んでいました。

 

果汁100%だし、栄養もあるし・・・、なんて思っていたのです。

 

しかしそれは、栄養のほとんどない、ただ甘いだけの飲み物。そういうものを大量摂取していたのでした。

 

これも、少しずつ飲む量を減らしていって、今では全く飲まなくなりました。

 

喉が渇いたら麦茶、です。

 

③職場で食べるお菓子は高カカオのチョコレートを1日3個まで

 

 仕事をしていると時々甘いものが欲しくなります。

 

職場でのおやつは、仕事の合間のちょっとしたお楽しみ。以前は色々なお菓子を常備していました。

 

一口どら焼きや寒天ゼリー、甘いチョコレート菓子など。砂糖たっぷりの甘い甘いお菓子です。

 

それが今では、1日に高カカオのチョコレート3個を上限にして頑張っています。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

チョコレート効果 カカオ72% 26枚入(130g)【チョコレート効果】
価格:355円(税込、送料別) (2019/11/6時点)

楽天で購入

 

 

もちろん、砂糖も入っていますが、高カカオで栄養があるし、低GI食品で糖質の吸収がおだやかなので、安心して食べています。1日3個くらいなら問題ないと思っています。

 

 

④朝食はご飯(おもに玄米か雑穀米)と味噌汁に

 

今まで朝食はパンと砂糖入りインスタントコーヒー、ということが多かったのですが、最近はお休みの日以外はご飯と味噌汁を摂ることにしています。

 

(意外なことに、食パンには結構砂糖が入っています。)

 

しかし白米は栄養も少なく、糖質が気になるので、玄米か雑穀米を食べることが多いです。

 

それでもやはり白米は美味しいので、白米も時々は食べます。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

金芽ロウカット玄米(2kg)【東洋ライス】
価格:1058円(税込、送料別) (2019/11/6時点)

楽天で購入

 

 


 

 

 

⑤外食時や休日は何を食べても良いことにする

 

しかし、ガチガチに 制約をつけることはあまり良いことではないと思います。

 

外食もなかなかできなくなってしまうし、他人に合わせないといけない場面もありますから。

 

それに、たまにはケーキやアイスクリームを食べたくなるときもあるのです。

 

休日や、外食をするときは、砂糖がどうとか、栄養がどうとか考えずに、その時に本当に食べたいと思うものを食べるようにしています。

 

おわりに

 

お砂糖を控えるだけで、2ヶ月で体重が2kg減りました。

 

1ヶ月目までは増えたり減ったりで、ゆるいシュガーフリー生活をしてもあまり効果がないのかも・・・と思っていたのですが、2ヵ月目に入った頃から、少しずつ減ってきました。

 

運動は特にしていません。

 

意識しているのは、通勤時に、駅や会社のエスカレーターとエレベーターに乗らず、階段を使うということだけです。

 

シュガーフリーといっても、私の場合はとてもゆるいシュガーフリーです。

 

それでも、少し砂糖を控えることを意識しただけでも、不思議なことに、甘いお菓子を食べたいという欲求がほとんど無くなりました。

 

甘くて美味しいフルーツジュースも、ケーキもクッキーも、何が何でも食べたいとは思わないのです。

 

それよりも、生の果物をそのまま食べたり、ドライフルーツやナッツが味わい深く、少量でお腹がいっぱいになって満足できるようになりました。

 

もちろん果物にも糖質は含まれていますが、栄養もあるので、砂糖ほど気にする必要はないと思います。

 

砂糖には依存性があります。

 

しかし私は、ゆるいシュガーフリー生活でその依存を断ち切れたのかもしれません。

 

だから身体がそんなに砂糖を欲しがらなくなったのでしょう。

 

 

何の我慢もストレスもない、ゆるシュガフリー生活。

 

これからも継続するつもりです。

 

ますます身体の調子が良くなって、もっと体重が落ちればいいな、と願っています。