姫椿流 隠居生活への道

今を楽しみつつ、悠々自適の隠居生活へ向けて自分スタイルを確立する、アラフィフ姫椿のブログです。

悲しいことがあったら本を読む。多くの本に、物語によって救われ、生きてきた

もう一つの世界 悲しいことがあったとき、また、理由ははっきり分からないけれど、何となく心がざわざわするようなとき、そんなときには、どんな風に自分の気持ちを落ち着かせますか? 私は、本を読みます。 子どもの頃から本を読むことが好きでした。 友だ…

大型連休中に旅行する友人をつい羨ましく思ってしまった。隣の芝生は青い。でも「よそはよそ、うちはうち」

ゴールデンウィークの予定 春休みも終わり、新しい年度が始まりました。 そして、今月の終わりからいよいよゴールデンウィークが始まります。 今年のゴールデンウィークは10連休。 サービス業で働く人は、10連休どころか逆に忙しくなりそうですが、我が…

アラフィフパート主婦の、楽しく働くために工夫していること。

会社は辞められない 会社で嫌なことがあったので、気持ちが落ち込んでいます。 でも、絶対にやめることはできません。 なぜならば、 子どもたちの教育費を払う&貯める 自分名義の老後資金を貯める 伊勢丹と小田急百貨店の友の会の積立 この3つの目的のため…

【本】捨てることを恐れずに生きていきたい。坂上忍著「偽悪のすすめ」 

坂上忍著「偽悪のすすめ~嫌われることが怖くなくなる生き方~」 先日、久しぶりに図書館に寄ったら、坂上忍さんの本が書架の中の目立つところに置いてあったのが目に入り、借りてみることにしました。 坂上忍さんといったら、毒舌キャラですよね。 嫌われる…

高齢者に席を譲るかどうか。自分が試されているように感じるとき

自分の中の戦い 金曜日の仕事帰りのこと。 毎週金曜日は、一週間分の疲れが溜まって、身体がくたくたです。 やってきた電車の座席に座ってほっと一息ついていたら、70代くらいのおじいさんが私の前に立ちました。 おじいさんは、杖をついて歩くほどヨボヨ…

【本】どんな状況においても、自分の態度は自分の意思で決められる。ヴィクトール・E・フランクル著「夜と霧」新訳

ヴィクトール・E・フランクル著「夜と霧」新訳 オーストリアのユダヤ人精神科医で、第二次世界大戦中は強制収容所に収監されていた、ヴィクトール・E・フランクル(1905-1997)の著書「夜と霧」では、収容所での過酷な体験と、極限の状態での人間の心理や行…

子どもの進学と親の介護。働き方を変えるパート主婦たち

生活の変化 会社では、2ヶ月おきくらいにメンバーの入れ替わりがあります。最近、二人が退職し、一人が今の職場に留まって働く時間を増やすことになりました。 三人にそれぞれの理由を聞いてみましたが、それは、ひと言でいえば「生活の変化」といえるでし…

パート収入の使い道。貯金と赤字補填と自分へのご褒美

パート収入はバカに出来ない 人生2度目のパートに出始め、もう2年目に入っています。昨年の年収は約97万円でした。 住民税も所得税も課税されない、低収入ではありますが、収入が0だった専業主婦時代と比べると、月8万円前後の収入は、とても貴重なも…

「おひとりさま」は最高に楽しい。アラフィフパート主婦の休日。

一人きりの休日 夫も子どもたちも出かけているので、今日は朝から一人で過ごしています。 出不精な私は休日のほとんどを自宅で過ごします。 家族がいて賑やかなのも良いですが、一人で静かに過ごす休日は気持ちが休まりますね。 時には一人になることが大事…

本当に欲しいと思う服を買えば、もう欲しいとは思わない

セールに行ったけれど欲しいものが何もなかった もう2月に入り、少し前の話になってしまいますが、年明け早々、セール中の新宿のデパートへ買い物に行ってきました。 冬物の服は今持っているもので十分間に合っているのですが、それでもセールとなると、取…

お昼休みは貴重な情報交換の場。パート主婦は皆堅実に暮らしています

パート仲間の暮らし方に影響を受ける 仕事の日の昼休みは、仲良くしているパート仲間数人と一緒に過ごしています。 皆、アラフィフで歳が近く、夫のこと、子どものこと、実家の親や義理の親の話でいつも盛り上がります。 しかしアラフィフといっても、結婚、…

パート主婦の一番の悩みは人間関係? でも、自分の居場所は必ずどこかにある

居心地の良い職場 2度目のパートを始め、そろそろ1年が経ちます。 1度目のパートでは職場の人間関係に苦しみ、疲弊し、その後3年間の専業主婦の期間を経てたどり着いた今の職場は、最初の職場と比べたら天国のようなところです。 もちろん、苦手な人は存…

【クレジットカードの断捨離】無印良品は好きですが、MUJI Card を解約しました

クレジットカードの断捨離 最近、無印良品のMUJI Card を解約しました。 他にも数枚クレジットカードを持っているのですが、少しでも財布を軽く、薄くしたい、ということと、管理の手間を減らすことが第一の目的です。 財布を落としたり、盗まれたりすること…

非常用持ち出し袋は必要か?我が家に防災リュックはありません

大きな地震のその瞬間 今までの人生で経験した、一番大きな地震は震度5です。 これは平成7年の阪神淡路大震災のときのことです。 (当時は5弱、5強の区別は無かったように記憶しています) その次は、平成23年の東日本大震災の震度4。 震度6や7の地…

ミニマリストも災害の備えはしておいた方が良いと思う。普段食べている食材をいつも多めに常備して非常時に備えよう

明日は我が身と考える 台風や地震、最近はゲリラ豪雨による土砂災害も多発し、自然の猛威を感じます。 私は年に2回、9月1日の防災の日と3月11日の東日本大震災の日が近づくと、備蓄品のチェックと見直しをするようにしています。 www.himetsubaki2017.…

アラフィフパート主婦の通勤着。秋服は買わない。少ない枚数で秋のファッションを楽しむ

秋を意識したファッション 9月に入っても、日中はまだまだ暑い日が続いています。 でも、朝と夜は涼しい風が吹き、ほんの少し暑さが和らいだような気がします。 これから、少しずつ秋が深まって行くのですね。 真夏の恰好はもう、ちょっと違う・・・という…

アラフィフパート主婦のランチ事情。普段は手作りのお弁当で節約し、たまの休日には贅沢ランチでメリハリを

昼食はお弁当 週5日、午前中だけパートに出ていましたが、先日から勤務体系を変更し、 週4日、お昼休憩をはさみ、5時間働くことになりました。 そのため、毎朝忙しい中、お弁当を作る仕事が増えました。 会社には社員食堂がありますが、残念ながらあまり…

新しい服を買う時に気を付けていること。スタイリスト地曳いく子さんのおしゃれメソッドを参考にしています

夏服が増えました 通勤用に夏服がもう少し欲しい、と切望し、セール真っ盛りのデパートへ喜び勇んでショッピングへ行ってきました。 www.himetsubaki2017.com 今回の買い物は、 キャメルのニット生地のロングプリーツスカート 茶(ワイン色に近い)のグログ…

通勤のため、もう少し枚数が欲しい。夏服を買い足しにデパートへ行ってきます

夏服を買い足したい 夏服は、トップスが5枚、ボトムスが3枚あります。 休日や、会社から帰宅して着替える部屋着は含みません。 仕事へ行ったり、買い物へ行ったり、というよそ行き用の服です。 専業主婦であったころは、この枚数で十分だったのですが、週…

1年5ヶ月かけて、ようやく100記事達成しました。こんなのんびりブログですがこれからもよろしくお願いします

100記事達成への長い道のり 2017年2月にブログを始め、この記事が100記事めとなります。 ここまで来るのに、なんと1年5ヶ月もかかってしまいました。 ブログを始めるとき、1記事につき少なくとも1000文字以上書くことを自分に課しました。…

【本】丁寧に大切に暮らす日常。心あたたまるエッセイ。石田ゆり子著「Lily-日々のカケラ-」

歳を重ねても変わらず魅力的なゆり子さん あまりテレビを見ない私は、世間の一般的な人と比べて、芸能人を知りません。 だから、好きな女優はだれ?と問われても、頭に浮かぶ女優さんの数は限られています。 最近出てきた人は、ほとんど分かりません。 女優…

誇り高く、自信を持つことは大切。でも謙虚に、奢ることなく

ゆとりが出てくると・・・ 仕事に慣れてくると、職場の色々な面が見えてきます。 ゆとりが出てくるということですね。 私も、入社して半年以上がたち、ゆとりを持って職場を見渡す余裕が出てきました。 それはとても良いことですが、その一方で、慣れたこと…

おすすめのマカロン。ラデュレとサダハル・アオキ。大人になっても、色とりどりのお菓子は幸せの象徴です

洋菓子店は夢の世界 会社の帰りに電車を途中下車して、贔屓にしている洋菓子店に寄ってきました。 頑張っている自分へのご褒美として、時々美味しいお菓子を買って帰ります。 家族の分を買うこともありますが、今日は私の分だけです。 色とりどりの美しいお…

4月5月は臨時出費だらけでした。毎年分かってはいるけれど、非常に厳しい家計に憂鬱な気分です

お金がどんどん無くなります 今日で5月も最後。 明日からはもう6月ですね。 月日の経つのは早いです。 毎年思うことですが、新年度が始まる4月と5月は出費が多くて、頭を悩ませます。 先月から今月にかけて、夫から、娘から、息子から、「〇〇のお金ちょ…

パートを始めて半年が経ち、悩まされる人間関係。人間関係の悩みは鈍感力と自分の世界を持つことで解決しよう

難しい人間関係 パートを始めて、半年以上が経ちました。 今の職場は、常識があり、穏やかで親切な人がほとんどなので、人間関係で大きく悩むということはありません。 以前の職場の人間関係が辛すぎたので、今度の職場はパラダイスのようだ、と入社後しばら…

アラフィフパート主婦の思うこと。会社より自分を大切に。体調の悪いときに無理をして会社に行く必要はない

風邪を引いてダウン 関東ではこの数日、急に気温が下がって肌寒い日が続いています。 少し前から体調が下り坂だと感じていましたが、気温の変化についていけず、久しぶりに風邪を引きました。 昨日、今日と2日間会社を休んでいます。 突発的に会社を休むと…

お金も欲しいし、適度な刺激も欲しい。あまり家事に手を抜きたくもないし、趣味も楽しみたいというわがままなアラフィフ主婦の働き方

待ちに待ったお給料日 今月もお給料日がやってきました。 自分のパート代が入るお給料日は、夫のお給料日以上に待ち遠しいです。夫の給料とは比べ物にならないほど少ない金額ですけれど。 つまり、金額の多い少ないではないのです。 一ヶ月間、一生懸命働い…

人生100年時代到来!ぐうたら主婦の心境の変化。働く老後も良いかもしれない。仕事も遊びも楽しんで!

働くことが楽しい 以前にも書きましたが、毎日仕事へ行くのが楽しく、外で働くことの喜びをひしひしと感じています。 www.himetsubaki2017.com お金のため に仕方なく働きに出始めた私ですが、今では、もちろんお金のためもありますが、純粋に、働くというこ…

ささやかな買い物を心から楽しいと感じる今日この頃。毎日持つハンカチにこだわって日常を楽しむ

タオルハンカチを新調する ハンカチは、タオルハンカチを愛用しています。 水分をしっかり吸収してくれ、バッグの中でびしゃびしゃにならないのが良いですね。 また、洗濯後にアイロンをかける必要もないので、家事の手間が省けて助かります。 今まで、ハン…

【本】文学界の天才中学生・鈴木るりかさんの「さよなら、田中さん」を読んで考える。人生や幸せというものについて

14歳の天才作家の作品に心が震えた 中学生が書いた、最近話題の小説を読みました。 14歳の中学生作家、鈴木るりかさんのデビュー作、「さよなら、田中さん」です。 さよなら、田中さん posted with ヨメレバ 鈴木 るりか 小学館 2017-10-16 売り上げラン…