姫椿流 隠居生活への道

老後を意識しながら今を心豊かに生きる、アラフィフ姫椿のブログです。

アラフィフパート主婦のランチ事情。普段は手作りのお弁当で節約し、たまの休日には贅沢ランチでメリハリを

地図, はがき, 挨拶, 誕生日, クーポン, 食べる, お食事券, レストラン

 

昼食はお弁当

 

週5日、午前中だけパートに出ていましたが、先日から勤務体系を変更し、

 

週4日、お昼休憩をはさみ、5時間働くことになりました。

 

そのため、毎朝忙しい中、お弁当を作る仕事が増えました。

 

会社には社員食堂がありますが、残念ながらあまり美味しくはありません。

 

最低でも、うどんやラーメン、丼などの単品ものは500円ほどかかりますし、小鉢などを足すと、結構な金額になってしまいます。意識しなければ、700~800円くらいになるでしょうか。

 

 食堂の隣にちょっとしたコンビニもあるのですが、コンビニ弁当も私にはあまり美味しそうには見えないし、それに、コンビニ弁当って、量が少なくないですか?

 

私は決して大食漢ではありませんが、それでもコンビニやスーパーのお惣菜コーナーで売られているお弁当は、とても量が少ないように感じます。

 

そのお弁当一つでは足りなくて、他にもサラダやヨーグルトなどを追加すると、これも結構な金額になってしまいます。

 

その割にそんなに美味しいとも思えないし、添加物のことも気になります。

 

お弁当の中身

 

さて、毎日持参するお弁当の中身ですが、朝から色々作るのは大変なので、大体が前日の夕食の残り物となります。

 

中身はそんなに豪華でもなく、ご飯におかずを三品くらいです。

 

夕食が残らなかったり、前夜のメニューがカレーや麺類など、お弁当のおかずとして適さないものの場合は、朝、ささっと大きめのおにぎりを2個作って持っていくときもあります。

 

おにぎりの具は、鮭や昆布、梅干し、野沢菜の油炒め、ちりめん昆布、あさりのしぐれ煮など。具にできるものは常備しています。

 

最後に大きなのりでぐるりと巻きます。

 

 

先日は、持っていくおかずが何も無かったので、小ぶりの梨を1個剥いて、おにぎりのデザートとして持って行き、一人で一個分ぺろりと食べました。

 

おにぎりと梨だけでも結構満腹になりましたよ。

 

おかずがない時、作る気力がないときは、いつも果物で代用します。剥くだけで良いので、非常に楽です。栄養の面については分かりませんが、旬の果物を食べて悪いことなどない、と私は思っています。

 

今日は、おにぎり2個に加えて、昨夜の残りの切り干し大根の煮物を大量にタッパーに詰めて昼食にしました。

 

他人から見たら質素かもしれませんが、私にとってはとても美味しく、贅沢な昼食でした。

 

まあ、その他に卵焼きやお肉か魚の料理があればなお良いのですが、朝、時間がありませんでした・・・。朝は何かと忙しくて。

 

体裁を整えたお弁当を作るのは、なかなか大変です。

 

 

www.panpanpapa.com

 

こちらは、毎日会社にお弁当を持参しておられるpanpanpapaさんのブログです。

 

徹底してお金とお弁当を作る時間の節約をなさっています。

 

会社にしょうゆやマヨネーズ、ドレッシングなどの調味料や、なんと納豆まで持ち込んでおられるのですよ。

 

私は、さすがに納豆は持ち込めません!

 

 

panpanpapaさんのブログ記事、ぜひ参考にしてみて下さいね。

 

おわりに

 

私は1日に5000円ほど稼ぎます。

 

ど~んとボーナスが出る正社員ではなく、時間給で働くパート主婦です。

 

お昼休憩の1時間はもちろん時給は発生しません。

 

(でもその時間も会社に拘束されているのです)

 

一日の収入が5000円ほどなのに、昼食に500円以上掛けることは、私にとってはとても勿体ないことに思えます。

 

それでも、美味しければ良いのですが。

 

美味しければ、働いている自分へのご褒美として、毎日の食堂の昼食を楽しみに働く、というのもありだと思います。

 

しかし残念ながら私が働く会社の食堂の味は、満足の行くものではありません。

 

私は、心がときめかないもの、豊かな気持ちになれないことにはお金を使いたくないのです。

 

「なんとなく」お金を使うことが大嫌いなのです。

 

美味しいと思えないものに中途半端な金額のお金を使うくらいなら、ご飯と納豆だけの昼食の方がずっとずっと贅沢であるし、「日本人で良かった」としみじみ幸せを感じます。

 

 

それでも、365日そういう料理でも良いかと言えば、やはりたまには外でリッチなランチも食べたいです。

 

家族や、仲の良い友人と食べるのも楽しいし、おひとり様ランチも最高です。

 

そういう時は、本当に納得できるお店で、普段節約している分あまり金額を気にせずに、食べたいものを食べたいだけ食べるようにしています。デザートまでしっかり!

 

こういうメリハリのあるお金の使い方はいかがでしょうか?

 

貧乏くさくなんて全くありません。心が満たされますよ。