姫椿流 隠居生活への道

老後を意識しながら今を心豊かに生きる、アラフィフ姫椿のブログです。

アラフィフパート主婦の思うこと。会社より自分を大切に。体調の悪いときに無理をして会社に行く必要はない

温度計, 頭痛の種, 痛み, 丸, 薬, 錠剤, ドラッグ ストア, 医学

 

風邪を引いてダウン

 

関東ではこの数日、急に気温が下がって肌寒い日が続いています。

 

少し前から体調が下り坂だと感じていましたが、気温の変化についていけず、久しぶりに風邪を引きました。

 

昨日、今日と2日間会社を休んでいます。

 

突発的に会社を休むときは、朝一番に上司への直通電話に連絡を入れなければなりません。なかなか緊張する時ではありますが、仕方がありません。

 

 

会社に義理立てする必要はない

 

上司への電話を終えると、ほっとします。

 

別に嫌味などを言われる訳でもなく、不快な思いをすることは一切ないのですが、それでも会社に対して「申し訳ない」という気持ちになることは確かです。

 

 

「申し訳ない」という思いが少しでもあると、上司の口調が少し不機嫌そうだったな、などと深読みをしてしまう事があります。でもそんな事を考え始めるとキリがありません。上司はただ眠かっただけなのかも知れません。

 

 

正直言うと、今日は頑張れば出勤できたと思います。まだ本調子ではありませんが。

 

でも私の仕事は、シフトを組んで行うものでもなく、私、姫椿でなければ、という類のものでもないのです。

 

私が休んだからといってグループや会社に多大な迷惑をかけることもありません。

 

完全に治りきっていない身体で無理して出勤して、他の社員に風邪をうつしても申し訳ないし、朦朧とした状態での仕事はミスにつながる可能性が大です。かえって皆に迷惑をかけてしまいそうです。

 

そういうわけで、今日は一日ゆっくり過ごして、明日にはすっきり元気に出勤する方が良いのではないかと判断しました。

 

 

無理をして働いて身体を壊しても、パート社員の私には会社は何もしてくれません。

 

何の保証もありません。

 

病気になって長く欠勤が続けば、その先には解雇が待っているだけです。

 

それならば、4月に付与されたばかりの有給休暇を早速使って、ゆっくり身体を休めた方が、自分にとっても会社にとっても幸せなことだと思うのです。

 

会社に義理立てする必要は全くありません。

 

 

上司や他のパートスタッフに陰でどう思われているかなんてあれこれ考え始めたら、治る病気も治らなくなります。

 

元気になったら明るい笑顔で、お休みを貰ったことのお詫びと感謝の気持ちをさらっと伝え、また一生懸命バリバリと仕事を頑張れば良いのです。

 

 

おわりに

 

 昨日はとてもブログを書く元気などありませんでしたが、今日は昨日よりも体調が良く、こうやってブログを書いたり、寝転がって小説を読んだり、のんびりと過ごしています。

 

私の仕事は土、日、祝日が休日なのですが、お休みの日は家族も同じく休みなので、なかなか一人でゆっくり身体を休めることが出来ません。

 

ですから、今日は貴重な平日の休暇を一人でゆっくりと堪能しようと思います。