姫椿流 隠居生活への道

何でもないことを楽しんで暮らしたいと思っています。日々考えていることを語ります。

安心な食材を使ってマドレーヌを焼きました。お菓子は量より質で楽しんでいます

 マドレーヌ, 桜, フランス菓子, お菓子, スイーツ, 甘い, デザート

 

マドレーヌを焼く

 

朝、洗濯機を回している間にマドレーヌを焼きました。

 

せっかくの手作り菓子なので、いつもなるべく良い材料を使うようにしています。

 

今回は材料のうち、バター、小麦粉、生クリーム、砂糖、塩にこだわって作りました。

 

 

安心できる材料を使う

 

バターはよつ葉バターです。

 

本物のバターです。

 

決してマーガリンは使いません。

 

小麦粉は国内産のものを使っています。

 

輸入の小麦粉はポストハーベスト(収穫後に使う農薬)が心配なので、我が家では小麦粉は国内産のものを使用しています。

 

なぜ収穫後に農薬を使うのかというと、外国から長い日数をかけて輸送する間に品質が悪くなることを防ぐためなのだそうです。

 

農薬を散布する写真を見たことがありますが、これにはぞっとしました。恐ろしいことです。

 

 

私の作るマドレーヌは、生地の中に生クリームを入れます。

 

生クリームを入れると、しっとりとコクのあるマドレーヌになるのです。

 

乳脂肪100%の本物の生クリームです。

 

植物性の、添加物だらけの偽生クリームは決して使いません。

 

砂糖はきび砂糖を使っています。

 

精製された白砂糖は使いません。

 

塩も精製されていないものを使っています。

 

その他の材料

 

その他の材料は、卵とベーキングパウダーです。

 

ベーキングパウダーは生地を膨らませるのに必要な食品添加物です。

 

これはどうしても使わなくてはいけないものなので、せめてアルミニウムフリーのものを選んでいます。

 

ホットケーキやパウンドケーキを週に1個食べるだけで、幼児ではアルミニウムの取りすぎになってしまう場合があることが東京都健康安全研究センターの調べでわかった。アルミを含む膨らし粉(ベーキングパウダー)が原因らしい。神経系などに影響を与える可能性があり、摂取量を減らす対策が必要としている。

~中略~

膨張剤の成分や、アルミ含有量の表示は義務づけられていない。しかし最近は「アルミフリー(不使用)」と明記した膨張剤やミックス粉も販売されており、通販や自然食品を扱う店などで買える。

 

朝日新聞デジタル

 

 最後は卵。

 

卵は普通のスーパーで1パック10個入りで250円位のものを使っています。

 

理想は、放し飼いでのびのびと育てられた鶏の生んだ有精卵なのですが、これは1パック1000円位はするので、残念ながらちょっと手が届かない高級卵です。

 

いつの日か家計に余裕ができれば、卵にも思いっきりこだわってみたいと思っています。

 

安価なお菓子が美味しく感じられなくなってきた

 

子供の頃から、お菓子が大好きです。

 

普通のスーパーで買える手頃な価格のお菓子も、高級な洋菓子屋さん、和菓子屋さんのこだわりのお菓子も、どちらもそれぞれの美味しさがあり、何でも喜んで食べていました。

 

しかし40歳を過ぎたころから、だんだん安価なお菓子を美味しいと感じなくなってきました。

 

別に高級志向だとか、そういうことではありません。私はごく普通に子どものお小遣いで買えるお菓子を食べて育ってきた人間です。

 

安いお菓子は、原材料を見ればすぐに分かるのですが、例えばクッキーやビスケットなら、バターが使われていることはまずありません。マーガリンやショートニング、ファットスプレッドなどです。

 

これらにはトランス脂肪酸が含まれており、これが身体に悪い影響を及ぼします。

 

トランス脂肪酸は天然の動植物に存在するが、水素を付加して硬化した部分硬化油を製造する過程でも発生する。これを原料とするマーガリン、ファットスプレッド、ショートニングなどに含まれるほか、これらを原料とするパン、ケーキ、ドーナツ、クッキーといった洋菓子類、スナック菓子、生クリームなどにも含有される。一定量を摂取するとLDLコレステロール(悪玉コレステロール)を増加させ心臓疾患のリスクを高めるといわれ、2003年の国際連合食料農業機関(FAO)と国際連合食糧農業機関(WHO)による共同勧告が発表されて以降、油脂類を多く消費する国では規制が進んでいる。

 ウィキペディア

 

その他にも色々と添加物が入っています。

 

これらが何か影響しているのか、最近、安価なクッキーやビスケットを食べると必ず頭がぼおっとして、少し気分が悪くなるのです。

 

何だか気持ちが悪いですし心配なので、最近は安いお菓子を買うことがほとんどなくなりました。

 

量より質で楽しむ

 

最近はお菓子が食べたくなったら、吟味した材料で手作りのお菓子を作ることが多くなりました。

 

もともとお菓子を作るのは大好きで、独身の頃は洋菓子教室に通っていたくらいです。

 

また、こだわりのお店でちょっと贅沢なお菓子を少量買って、楽しんでいます。

 

どちらもお金がかかります。でも健康のことを考えると、やはり質の良いものを選びたいですし、歳をとってくると、そんなにたくさんは食べられません。それならば量より質で、本当に美味しくて安全なものを選んで口にしたいです。

 

そして、そういうお菓子は何故かたくさんは食べられないのです。1つ食べたら満足してしまって、逆に安価なお菓子は次から次へと手が止まらなくて、気が付けば1袋、1箱全部食べてしまっていた、ということが多々あります。

 

ですから、結局使う金額はあまり変わらないように思うのです。

 

おわりに

 

食べることは、健康の基本です。

 

あまり神経質にはなりたくはありませんが、食品添加物のことなど、食に関する知識はしっかり身に着けたいと思っています。

 

知っているか知らないかでは大違いです。

 

出来る範囲でなるべく身体に良いものを選んで、健康的に美味しく食を楽しみたいと思っています。