姫椿流 隠居生活への道

隠居生活を夢見ています

スポンサーリンク

待ちに待ったセールで失敗しない方法。ミニマリストだって買い物は大好きです

ショッピング, 女性, ショップ, ショッピングの女性, 女性のショッピング

 

夏のセールが始まっています

 

デパートやショッピングモールで、夏のセールが始まっていますね。

 

私もセールは大好きで、夏と冬の2回のセールには必ず街に繰り出します。

 

 

来週には伊勢丹のセールが始まるので、私はそれに向けて今からとても楽しみにしているところなのです。

 

靴やバッグ、アクセサリーなどは今持っているもので十分なので、もし素敵なものがあれば、服を買いたいと思っています。

 

昨日、クローゼットの服を9枚処分したので(7枚はリサイクルショップ、2枚は中一の娘が着ると言ったので譲りました)、少々服が増えても大丈夫です。

 

もし新たに買わなかったとしても、今の洋服所持数に不自由はありません。

 

セールが楽しみな理由

 

セールが楽しみなのは、お得な値段で買い物が出来るということだけではありません。

 

平日の昼間のデパートというのは大体いつも閑散としていて、店員さんも暇そうだし、自分の一挙一動を観察されているようで、実はあまり好きではないのです。

 

でも、セール期間中のお店は大勢の人で賑わっていて、活気があります。混雑しすぎるのは疲れますが、適度な活気はこちらの気分も高ぶりますし、ぶらぶらしているだけでも楽しい気持ちにります。

 

過去のセールの失敗

 

セールに行ったからといって必ず何かを買ってくるわけではありません。

 

ここ数年は、セール品を買わずに帰ってくることも多いです。

 

私は若い頃、セールで数々の失敗をしてきました。

 

セールに行くと、何か買わなければ、という気持ちになってしまうのです。本当は気に入ったものなんてないのに、一生懸命、無理に欲しいもの(嫌いではないもの)を探して、定価の40%オフとか50%オフで買い、お得感を味わっていました。

 

でも、特別気に入って買った服ではないので、結局あまり着ることはありませんし、着ていてもワクワクすることもありません。

 

しばらくして着なくなった服はクローゼットに仕舞い込まれ、最後はリサイクルショップ行きです。

 

お得な買い物をするために出掛けたセールなのに、ひどい無駄遣いをしていました。

 

今から思えば、本当にバカなことをしていたと思います。

 

安い! お得! と言われると、頭が正常に働かなくなるのかもしれません。

 

失敗から学んだこと

 

こういう失敗を長年続けて、ここ数年はようやく良い買い物が出来るようになりました。

 

セールは行く前はクローゼットを覗いて手持ちの服をしっかりとチェックする。

 

これは似たようなものを買ってしまわないためです。また、組み合わせを考えるために、あらかじめ今持っているものの形や色をしっかり記憶しておくためです。

 

持っている服の数が少ないので普段から把握できているようですが、意外と細かいところまでは覚えていないものです。

 

どんなに安くなっていても、少しでも違和感があれば買わない

 

試着してみたら大体は良いのだけれど、小さな違和感を感じることがあります。サイズが微妙に合わないなど、少しでもそのように感じたときは買わない選択をします。

 

新たに服を買わなくても、着る服はあるわけですし、何も無理をしてお金を使うことはありません。

 

今年は良いアイテムに巡り合わなくても、来年は自分の好みのものがたくさん出回るかもしれません。そんなときの為にお金をとっておくべきです。

 

私にはたびたびそういうことがあります。

 

好みのものが全くない年があるかと思ったら、私のために作られたのではないかと思うくらい、好みのデザインの服ばかり出ている当たり年があるのです。こういう年が巡ってきた時のために、適当な買い物はやめてお金を残しておくのが得策です。

 

セール中にセール除外品を買う

 

セール中のお店でも、隅の方に「セール除外品」のコーナーがあります。

 

私は不思議と、この「セール除外品」の品に心奪われることが多くあります。

 

アパレル業界のことは何も分かりませんが、「セール除外品」というのはその時点で の新作であるし、いずれ値段を下げることを前提に作られている品とは、作り手の思い入れも全然違うのではないでしょうか。

 

昔の私は、「セール除外品」を買うお金があったとしても、それをお得でないから、という理由で購入せず、大して気に入っていないセール品を選んでいました。

 

しかし今では、本当に心惹かれたものにお金を払うことが結局一番お得なのだということに気がつき、経済的に問題がなければ、本当に気に入った「セール除外品」を買うことに決めています。

 

心から気に入ったものは、私の気持ちを豊かにしてくれます。

 

大して気に入っていないものを安くで2枚手に入れるのなら、心ときめく1枚を買う方が、ずっと良い買い物になるでしょう。

 

欲しいものが何もなかった場合

 

せっかくセールに行ったのに、欲しいものが何もなかった、ということもあるでしょう。

 

私もそういうことが時々あります。

 

上記の通り、そういう時は絶対に無理して買わないことです。

 

そして、そういう時は美味しいものを食べて帰りましょう。

 

いつもよりちょっと贅沢なランチを。デザートもつけて。

 

それでも、どうしても何か形のあるモノを買わないと気がおさまらない場合は、デパ地下で普段はちょっと買えないケーキなどのスウィーツや、洒落たカフェ風のお惣菜などを買って帰ると、満足感が味わえます。

 

私はいつも、そうやってちょっとした贅沢を楽しんでいます。何も、大物を買わなくても豊かな気持ちになれますよ。