姫椿流 隠居生活への道

老後を意識しながら今を心豊かに生きる、アラフィフ姫椿のブログです。

ミニマリストにおすすめの万能洗濯用洗剤。スリムで環境に優しく、洗濯槽に黒カビが発生することもありません

鴎, ヨーロッパのセグロカモメ, 下関, 鳥, 海の鳥, 青い空, 石, 海辺

 

洗濯はこれ1本で事足りる。形もスリムで場所取らず

 

持ち物は最小限に、というミニマリストにおすすめの洗濯用洗剤をご紹介します。

 

 形はスリムで置く場所を取らず、1本で通常の洗濯のほか、ウール、シルク、カシミヤなどのドライ品も洗えるので、別にドライ用洗剤を買う必要がありません。

 

また、ふんわりと仕上がるため、柔軟剤も必要ありません。

 

 

そんな素晴らしい洗剤はこちら。

 

がんこ本舗さんの「海へ」

 

 

コストパフォーマンスが高い洗濯洗剤

 

500mlで2000円以上と、値段は一見高いようですが、1回の洗濯で使う洗剤の量がとても少ないので(全自動洗濯機・水30Lにつき洗剤5ml)、実際はそれほど高くはありません。

 

家庭の洗濯の回数によって違ってきますが、4人家族の我が家の場合は大体1か月にちょうど1本使い切るくらいです。

 

ざっと計算してみると、違う洗剤を使っていた以前と比べると、コストは大体同じくらいでした。

 

以前は柔軟剤やドライ品専用の洗剤も買っていたので、これらを揃える必要が無くなったことも大きいです。

 

また、後で述べますが、洗濯槽クリーナーの必要もないので、その費用もかからなくなります。

 

 環境に優しい洗濯洗剤

 

 がんこ本舗さんは環境についてとても立派な理念を持っておられる会社です。

 

「海へ」は海洋タンカー事故処理研究から生まれた生分解する洗剤で、1日で94%、7日で100%、油分が生分解されるそうです。

 

また、少ない量で洗濯ができ(全自動洗濯機・水30Lにつき洗剤5ml)、泡立ちも少ないので、すすぎが1回ですみ、余分な水も使いません(ドラム式の場合は、元々水量が少なく洗剤も濃くなるために2回推奨)。

 

 それから、油をすばやく100%生分解するので、洗濯槽も排水パイプも汚れず、異臭もしません。

 

洗濯槽に黒カビが発生しない洗濯洗剤

 

 私が「海へ」を使い始めて一番嬉しかったことは、洗濯槽から黒カビが出ることが全く無くなったことです。

 

私は以前、洗濯には洗濯用石鹸を使っていました。液体にしてみたり、粉にしてみたり、色々試しましたが、洗濯槽の裏側に黒カビが発生し、それが剥がれて、ワカメのようなぴらぴらした黒カビが洗濯した衣類に付着することが多くありました。

 

溶け残りの石鹸カスや汚れなどが湿気の高い洗濯槽の裏側にくっつき、黒カビが発生し、それが表側に出てきて、衣類に付着するというわけです。

 

綺麗にするために洗濯しているのに、黒カビがくっつくなんて、何のために洗濯しているか分かりません。いちいち手でカビを取るのも大変で、本当にストレスでした。

 

洗濯槽の黒カビを除去するクリーナーで掃除すると黒カビはごっそり取れますが、1回の洗浄では完全に取りきれなくて、何度も洗浄しなければならず、電気代と水を無駄に使っているような気がして、本当に嫌でした。

 

でも、「海へ」を使い始めてからは一度も黒カビが発生していません。

 

 もう黒カビにイライラしてストレスを溜めることが無くなりました。

 

洗濯槽用のクリーナーを買う必要も無くなりました。

 

洗濯用洗剤「海へ」のおすすすめポイントまとめ

 

  1. 柔軟剤が不要、ドライ用の衣類も洗えるので、家庭に1本あれば十分である。
  2. ボトルがスリムで置く場所に困らない。
  3. 少量で汚れが取れる。
  4. 少量で泡立ちが少ないので、すすぎが1回で済み、水をたくさん使う必要がない。(ドラム式の場合は2回)
  5. 油汚れなどをすばやく生分解し、また、洗剤の溶け残りがないため、洗濯槽と排水パイプが汚れず異臭がしない。よって洗濯槽の裏側に黒カビが発生しない。

 

5については、実際に洗濯槽の裏側を見たわけではないので想像ですが、黒カビが表に出てこないということは、そもそも裏側に発生していないのだと思われます。私自身の見解です。

 

 他にもたくさんの特徴があるので、ぜひがんこ本舗さんのHPを覗いてみて下さい。

 

本当におすすめです。

 

www.gankohompo.com