読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

姫椿流 隠居生活への道

隠居生活を夢見ています

スポンサーリンク

息子との平凡で貴重な日々

ゾウ, 動物, ジャングル, 自然, 愛, 感じ, 友情, 母と息子, 母

 

私は毎週2日ほど、息子の習い事の付き添いに行く用事があります。

 

昨日も夕方から出かけて来ました。

昨日は2時間ほどの待ち時間をマックで過ごしていました。

マックで私がいつも頼むのは、紅茶とホットアップルパイ。

合わせて200円という安さが有難いです。

 

 

店内は、子連れのお母さんグループや、勉強をしている学生、そして私のような一人客がいましたが、一番多いのは学生でした。

私が学生の頃は、カフェで勉強するようなスタイルはありませんでしたが、もし、このようなスタイルが当時もあったなら、きっと私もこんな風な学生になっていただろうなと思います。

 

マックは、お店によっては人がいっぱいでざわざわして落ち着かないところもあります。

でも、私がいつも利用するマックは、綺麗で空いていて、とても静か。

2時間ほどを読書と、人間ウォッチングと、そして少しのうたた寝で過ごしました。

 

息子を迎えに行って、真っ暗の中を2人で夜空を見上げながら歩きます。

息子は星に興味があるので、いつも、あれはオリオン座、ペテルギウス、などと教えてくれます。

 

その他にも色々な話をしたり、しりとりをすることもあります。

 

小学生の息子。あと何年こうやって仲良く並んで話が出来るのでしょう。

 

貴重な息子との今を大切に、大切に、過ごしています。