読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

姫椿流 隠居生活への道

隠居生活を夢見ています

スポンサーリンク

自分の存在意義とは何なのか?を考えてしまいます

私を忘れる, 花, 牧草地, 野生の花, ブルーム, 自然, 牧歌

 

私は、これといって特別何かを極めたいと思うほどに好きなものもなく、何か興味のあるものをこだわって突き詰めてそれなりのレベルにまで高める、ということがありません。

 

もちろん趣味はありますが、深く入り込むことはなく、どこか冷めているところがあるようです。

何かに熱く没頭できるもの、というものがありません。

 

 

芸術やスポーツの世界で才能のある人は、自分の生きた証を残すことが出来ます。また、それ以外の分野でも何かを創り上げて、人々に影響を及ぼし、社会に貢献する能力のある人がいます。

 

私はとても平凡な人間です。

そんな私の存在価値とは何なのだろうか?

時々、そんな風に考えてしまいます。

 

そんな事、考えても仕方のないことなのですが。

でも、考えれば考えるほど、自分という人間が平凡であり、そうでない人間にならねばならない、という強迫観念にとりつかれてしまうのです。

 

けれども、最近は、そんな自分で良いのだ、と思えるようになりました。

人にはそれぞれ役割があって、私の今の役割は、家庭をしっかり守って、夫が気持ちよく働ける環境を整え、子どもたちを健やかに育てることなのだと。

それも大事なことだと思えるようになりました。

特別な何者かになる必要はないのです。

 

そんな風に思えると、とても楽になりました。

 

そのような考え方の変化は、家の中のモノを減らしはじめ、生活がシンプル化されてからです。

不要なものを削ぎ落とした結果、生きることが楽になりました。

思考がシンプルになり、何事も素直に考えることが出来るようになったようです。

 

モノの少ないことのメリットは、掃除のしやすくなることが一番だと思っていましたが、もしかしたらそれ以上に、精神的な豊かさや自由を得られること、なのかもしれません。