姫椿流 隠居生活への道

老後を意識しながら今を心豊かに生きる、アラフィフ姫椿のブログです。

服よりも髪にお金をかける方がおしゃれ度はupする。服を買い足すより美容院へ行こう

理容, ショップ, 椅子, 理髪店, ヘアカット, 美容院, 髭, ビンテージ

 

いつものお気に入りの服を着ても、何となくしっくりこない訳

 

すっかりパーマが取れてしまい、カットも5ヶ月ほどしていないので、どんなにおしゃれをしようと思っても今ひとつぱっとしません。そこで、美容院に行ってきました。

 

 

私は、髪をふんわりカールするのが好きなので、パーマはいつもエアウェーブをかけてもらっています。

 

エアウェーブは普通のパーマに比べて施術料は高いですが、しっかりカールがつくし、お手入れも楽、そして長持ちします。

 

シャンプー、カット、パーマ、ブローで¥1,5000です。

 

私は歩いて行ける近所の美容院を利用しているのですが、いつも必ずばっちりお化粧をして、綺麗な服を着て、おしゃれをして行くことにしています。

 

プロの手で髪を美しく仕上げてもらったら、いつもの自分とは違う姿に気持ちが高ぶります。

 

家への帰り道、歩いているときも本当に気分が良いです。

 

外見に自信がつくと(自分比ですが・・)、心も優しくなれるし、堂々とした気持ちになれるというか、つまり内面にも自信が持てるようになるから不思議です。

 

服の購入を断念

 

美容院代を捻出するのはなかなか厳しいところなのですが、その代わり、この冬は買い足そうと思っていたセーターを諦めました。

 

よく、街で見かけるハッとするようなおしゃれで素敵な人というのは、どの人も髪型が決まっています。

 

私も髪を綺麗にして貰って、いつもの着なれた服がランクアップしたような気がします。

 

新しい服を買い足すかわりに、美容院へ行って大正解でした。

 

服よりも髪に気を遣う

 

もし手持ちの服が何となく似合わなくなってきたと感じていて、新しい服を買いに行こうと思うなら、代わりに美容院へ行ってみるという選択があります。

 

何となく服を買いに行っても、焦って失敗してしまうことが多いです。

 

私の場合はそうでした。

 

私は都会の街中のカフェで人間ウォッチングをするのが好きなのですが、先日も外苑前のカフェで、沢山の素敵な人達を見てきました。

 

元々、洗練された人の多いエリアなのですが、男も女も、素敵だなと思った人に共通することは、どの人も髪型が決まっているということです。

 

まさか毎日美容院へ行くわけではないでしょうから、毎日丁寧にケアしているのだろうと思います。

 

 

ついつい面倒になって適当にしてしまいがちなヘアケアですが、ここで手を抜くか、抜かないかで、大きな差がつくのでしょう。

 

 

髪が美しければ、服には特別お金をかけなくても、お洒落であるというのが私の持論です。