読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

姫椿流 隠居生活への道

隠居生活を夢見ています

スポンサーリンク

暮らしをシンプルにすれば、生きていくのに必要なお金は思っているほど多くはない

花, 赤, 夏, 春, ガーデニング, マクロ, オブジェクト, 庭, 背景

 

家計を楽にするためにパート勤務を始める

 

私は以前、少しの間だけですがパートに出ていました。

理由は、社会との接点を持ちたい、というようなことではなく、単純に お金のため です。

あともう少し、もうちょっとあれば余裕が出来る。そう思って働こうと思ったのです。

 

幸運なことに、希望する会社に採用されることになり、新しい世界への一歩を踏み出した私でした。しかしその世界で、私は想像していなかった苦しみを味わうこととなりました。

 

 

それは 人間関係 です。

 

自分にも悪いところがあったのだろうとは思います。

でも、特定の人からの「プチいじめ」に、日に日に心が病んでいきました。

 

それでもすぐに仕事を辞めようとまでは思いませんでした。まるで逃げるように辞めることは負けたということになると思ったからです。

 

努力をすれば必ずしも報われるわけではない

 

元々読書好きの私ではありますが、この時期は本当に沢山の本を読み、何とかこの状況を変えられないか、何かヒントになることはないかと常に救いを求めていました。

 

けれども、ある日、私の中でプチッっと何かが切れてしまいました。

 

自己啓発本などで、よく、「他人は変えられない。自分が変われば自然と相手も変わる」などと書かれていますよね。

 

私は一生懸命努力しました。でもどんなに頑張っても状況は変わりませんでした。もしかしたら方向性を間違っていたのかもしれませんが、努力は空回りして、負のスパイラルに巻き込まれている感じでした。

 

世の中、どうしても相性の悪い人というのはいるものです。

 

このままでは私は本当に病気になってしまうと思い、残念ながら退職することを決意したのです。

 

しかしパートを始めたのはそもそもお金のため。

けれども、もう人間関係に苦しみたくない。働きに出たくない。

 

そんな私が出会ったのがミニマリズムの精神。

沢山のブログや本を読み、新しい世界、価値観に開眼しました。

生きていくのに、そんなに沢山のお金は必要ないのだと分かった私は救われました。

 

これなら苦しい思いをして外に働きに出なくても、心豊かに暮らしていけるかもしれない と。

 

私が家で家事に専念できるのも、夫が大変な思いをして外で働いてくれているおかげです。

 

そのことに感謝をしつつ、私は家族がより豊かに暮らせるような家庭作りをしていこうと思っています。