姫椿流 隠居生活への道

何でもないことを楽しんで暮らしたいと思っています。日々考えていることを語ります。

食はすべての基本。幸せな家庭は幸せな食卓から作られる。佐藤初女著「『いのち』を養う食」

食べ物, 料理, 和食, 肉, チキン, Chicken

 

夏休みは大忙し

 

夏休みは学生にとっては楽しいときなのでしょうが、母親にとっては、普段よりも家事労働が増え、忙しくて大変な毎日です。

 

私も二学期が始まるのを指折り数えています。

 

続きを読む

普通の大学生の転落人生。誰にでも起こり得ること。貧困スパイラル。福澤徹三著「東京難民」

赤ちゃん, 野良猫, 猫, ネコ, ホームレス, 毛皮, 子猫, 動物

 

福澤徹三著「東京難民」

 

東京で大学生活を送る平凡な男子学生が、ある日を境に、転落人生を歩み始めます。

 

あれよあれよという間に底辺に落ちてゆく過程に、ページをめくる手が止められず、一気に読み終えました。

 

続きを読む

近い将来に現実となるかもしれない監視社会のミステリー。東野圭吾著「プラチナデータ」

Dna, 体, ストランド, 分子, 生物学, 遺伝的, 遺伝子, 遺産, 科学

 

遺伝子情報から犯人が特定できるシステム

 

マイナンバー制度など、これからの時代、様々な個人情報が管理されるようになり、漠然とした不安を感じることがあります。

 

東野圭吾著「プラチナデータ」は、国民の遺伝子情報から犯人を特定できるシステム開発をめぐるミステリー小説です。

 

続きを読む

高齢化社会の闇。もはや他人事ではない介護問題について考える。葉真中顕著「ロスト・ケア」

古道具, 古い, 花瓶, 家具, ビンテージ, アンティーク, インテリア

 

いつか必ず向き合わなければならない介護問題

 

私の両親は共に70代前半です。

 

今のところ大きな病気も怪我もせず、趣味を楽しみながら元気に暮らしています。

 

そんな自分の親もいつの日か、この世からいなくなってしまう日が来るのです。今はとても想像できないことですが。

 

でも、その日はいつか必ずやってくるのです。

 

続きを読む

美しき滅びの世界。没落していく上流階級の日常生活を美しい文章で味わう。太宰治著「斜陽」

クジャク, 動物, 鳥, 孔雀, 羽, 青, 緑, 尾, 動物相, 動物園

 

「斜陽族」という流行語を生んだ小説

 

久しぶりに太宰治の「斜陽」を読みました。

 

もう、4、5回は読んでいますが、読むたびに新しい発見があります。その時々の年齢で、思い入れの深くなる登場人物が変わり、毎回違った角度から物語を楽しんでいます。これが読書の醍醐味ですね。

 

続きを読む