姫椿流 隠居生活への道

老後を意識しながら今を心豊かに生きる、アラフィフ姫椿のブログです。

【本】文学界の天才中学生・鈴木るりかさんの「さよなら、田中さん」を読んで考える。人生や幸せというものについて

14歳の天才作家の作品に心が震えた 中学生が書いた、最近話題の小説を読みました。 14歳の中学生作家、鈴木るりかさんのデビュー作、「さよなら、田中さん」です。 さよなら、田中さん posted with ヨメレバ 鈴木 るりか 小学館 2017-10-16 売り上げラン…

娘と歩いた夜道でチンピラ三人組に遭遇。身の危険を感じた夜。その時夫は?

塾帰りの娘を迎えに行く 先日、少し怖い思いをしました。 娘は夕方からバスへ乗って塾へ通っているのですが、塾が終わるのが夜の10時で、それからバスに乗って帰宅します。 自宅の最寄のバス停は自宅から徒歩10分ほど。 夜の10時を過ぎて中学生の娘が…

事務系アラフィフパート主婦が仕事に着て行く服。冬のセールでワードローブが充実しました

おしゃれの楽しみ パートの仕事へ行くことの楽しみの1つは、おしゃれをすることです。 私が働く職場には制服がないので、着替えの面倒もなく、好きな服を着て仕事ができます。 職種は事務なので、服が汚れることを気にする必要もありません。 少ない服を着…

再びパートを始めて3ヶ月。人間関係が良ければ忙しい毎日も楽しく充実したものになると実感しています

働き始めて3ヶ月が経ち、思うこと 3年ほど専業主婦でいたあと、平日午前中のパートを始めてそろそろ3ヶ月になります。 以前パートをしていたときは、職場の人間関係になじめなかったことで、日に日に職場へ行くことが苦痛になり、通勤電車で降りる駅が近…

【本】再読の楽しみ。人生経験を積んで読み返す物語から感じるもの。2018年は若い頃に読んだ名作を読み返す予定です

2018年の読書計画 本が大好きです。 子どもの頃から、読書が一番の趣味でした。 色々な本を読みますが、一番好きなものは小説です。 純文学も大衆文学も、どちらも読みます。 推理小説、恋愛小説、歴史小説・・・どんなジャンルでも割と何でも読むほうで…

主婦のスケジュール管理。手帳派?それともカレンダー派?

雑誌「エクラ」付録のカレンダー ここ数年、雑誌は図書館や美容院で読むことにしているので、自分で買うことはありません。 しかし、毎年12月だけは例外で、付録のカレンダーが目的で1冊だけ雑誌を買っています。 eclat(エクラ) 2018年 01 月号 [雑誌] po…

今の小学生は可哀想だと思う。昭和ののんびりした時代が懐かしい

昭和の子供時代 私が小学生だった昭和の時代、昭和50年代は、世の中がのんびりしていて、良い時代だったとしみじみ思います。 平日の放課後も、休日も、近くの公園に行けば誰かが遊んでいて、遊ぶ相手がいなくて暇だなんてことはありませんでした。 近くの…

家事という仕事はお金を稼ぐことと同じように大変なことなのです

疲れて家事がおろそかになる今日この頃 パートに出るようになってからは、もう身体がくたくたなので、平日の勤務日は、洗濯と食事という毎日どうしてもやらねばならないこと以外の家事は、出来ずに終わることがほとんどです。 掃除はほとんどを休日に行って…

クリスマスの楽しみ方。そして子どもにサンタクロースの正体を明かす時期とタイミング

子どもはサンタクロースの正体に気づいている? 12月が近づいてくると、我が家の子ども達はサンタさんにお願いするプレゼントを何にしようかと考え始めます。 小学5年生と中学1年生の子ども達は、毎年欲しいプレゼントをサンタさんへの手紙に書いて、自…

専業主婦生活に終止符を打ち、パートで働くようになって変化したこと

パート主婦の平日スケジュール 約3年間専業主婦生活を満喫しましたが、教育費や老後の資金のことを考えて、平日の午前中のみ、働きに出るようになりました。 平日のスケジュールはこのような感じになっています。 6:00 起床 (どうしても起きられないと…

もうやめたい・・・。年賀状の断捨離を検討しています。気持ちのこもらない年賀状を出すことに意味があるのでしょうか?

年賀状のことを考えはじめる時期が到来 毎年お願いしている業者の、年賀状印刷の受付が始まりました。 年賀状。 毎年毎年、憂鬱でたまりません。 ほとんど形式だけのやり取りになっている年賀状。 思い切って止めてしまいたいと思いつつも、なかなか勇気が出…

おもてなしは気楽に。友人を紅茶とお菓子でおもてなし。ランチは外食。手土産は要りません

我が家で友人とおしゃべり 友人が家に遊びに来ました。 彼女は大体ひと月に一度くらいの頻度で、我が家に来てくれます。 いつも一通りの家事を終えてから、午前11時頃から午後1時頃まで、たわいのないおしゃべりをして楽しく過ごしています。 ひと月に一…

【本】“フランス・パリ流”の豊かな暮らしを提案する本 おすすめの3冊

おすすめフランス・パリ流 ”豊かな暮らし本” 書店へ行けば、ミニマリストやシンプルライフ、断捨離、節約術などの、シンプルに豊かに暮らす提案をする本がたくさん並んでいます。 数年前に「フランス人は10着しか服を持たない」が話題になり、もちろん私も…

損得勘定は捨てよう!どんどん食が細くなるアラフィフ主婦のビュッフェの楽しみ方。

家族での外食 我が家は、いつも家族の誕生日に外食をすることにしています。 近場で食べることもあれば、わざわざ電車に乗って出かけることもあります。 普段は外食をしないので、年に4回のささやかな家族の楽しみとなっています。 お店を選ぶのは、もちろ…

【本】受験をする人にもしない人にもおすすめ!人生の哲学本。林修著「受験必要論」

林修著「受験必要論」 「今でしょ!」で有名な林先生の著作本を初めて読みました。 林先生はよくテレビに出ておられるようですが、私はあまりテレビを見ないので、実を言うとこの本を読むまでそのお考えなどを深くは知りませんでした。 受験必要論 人生の基…

多い?少ない?アラフィフ夫婦家庭の教育費。我が家の中学1年生と小学5年生の教育費を公開します

我が家の教育費 教育費は「聖域」と言われていますが、私も、家計のやり繰りに頭を悩ませながらも、教育費を削るということがなかなか出来ずにいます。 我が家の1ヶ月のおおよその教育費です。 中学一年生(公立中学校) 塾 30,000円 塾交通費 3,000円 中学…

【本】母の偉大な愛。もしも我が子が脳死状態になったなら?東野圭吾著「人魚の眠る家」

東野圭吾著「人魚の眠る家」 「脳死」という非常に重いテーマを扱った小説です。 人魚の眠る家 posted with ヨメレバ 東野 圭吾 幻冬舎 2015-11-18 売り上げランキング : 5006 Amazon Kindle 近々離婚する予定であった仮面夫婦の娘が事故に遭い、おそらく脳…

【本】カフェを賢く利用する。カフェの上手な活用法ならこの本。齋藤孝著「15分あれば喫茶店(カフェ)に入りなさい。」

齋藤孝著「15分あれば喫茶店(カフェ)に入りなさい。」 先日、書店で面白そうな本を見つけました。 カフェを愛する私にとっては見逃せないタイトルです。 15分あれば喫茶店に入りなさい。 posted with ヨメレバ 齋藤 孝 幻冬舎 2010-09-01 売り上げランキ…

今の場所に家を買って後悔していること

マイホーム 我が家はそろそろ築20年になる、4LDK 約80㎡ の一戸建てです。 結婚と同時に建売を購入しました。 二人の子どもはこの家で生まれ育ち、家族にとってたくさんの思い出が詰まった大切な家です。 しかし、この家を購入して後悔しているところが…

【本】運命を受け入れたときから人生は変わり始めるのかもしれない。夏苅郁子著「心病む母が遺してくれたもの」

夏苅郁子著「心病む母が遺してくれたもの」精神科医の回復への道のり 以前朝日新聞で精神科医の夏苅郁子さんを紹介する記事を読み、その過酷な人生に衝撃を受けました。 そして先日、ずっと気になっていた夏苅郁子さんの著書を読みました。 心病む母が遺して…

さらば専業主婦生活。仕事と家事を両立させる為に今からやっておくべきこと

約3年間の専業主婦生活にピリオドを打つ 10月下旬から短時間のパートに出ることが決まりました。 3年ほど満喫した専業主婦生活もあと1ヶ月で終わります。 www.himetsubaki2017.com 勤務開始までにやっておくこと 9:00~12:30までの短時間勤務とはいえ、…

在宅ワークを検討していましたが、良い条件のパートの仕事が見つかったので、外へ働きに出ることになりました

短時間パートの仕事が見つかる 小学生の息子のことが気がかりで外へ働きに出ることを躊躇していましたが、短時間勤務の事務系パートの募集を見つけ、面接と試験を受けた結果、採用されました。 www.himetsubaki2017.com 勤務時間は9:00~12:30で、土日祝日が…

【本】親は子どもを決して見離してはいけない。親と子の関係を考える。薬丸岳著「Aではない君と」

薬丸岳著「Aではない君と」 ある日突然、息子が殺人事件の容疑者として逮捕されます。 父親はどうやって息子と向き合って行くのか。 Aではない君と (講談社文庫) posted with ヨメレバ 薬丸 岳 講談社 2017-07-14 売り上げランキング : 3588 Amazon Kindle …

面倒だしお金もかかるので調味料の詰め替えはしません。ズボラな人間には隠す収納がおすすめ

美しい台所 すっきりとした台所に、すべて統一されたシンプルなデザインのボトルや容器に調味料などの食材を入れ替えて、美しく収納している人を心から尊敬します。 大の面倒くさがりの私にとっては、それはとても真似の出来ないハードルの高いことです。 私…

【本】パリでの心豊かな暮らしから学ぶこと。弓・シャロー著「パリが教えてくれたボン・シックな毎日」

フランス・パリでの豊かな暮らし パリでフランス人の夫と暮らす、日本の名門のご出身である79歳の弓・シャローさん。 79歳とはとても思えない若々しく美しい弓さんの、人生を心豊かに楽しむ方法を紹介する本です。 パリが教えてくれたボンシックな毎日 …

因果応報。自分の行動はいつか必ず自分に跳ね返ってくる。正直に誠意を持って生きていきたい

いつも心がけていること 私は人付き合いにおいて特別器用な方ではありませんが、いつも心がけていることは、どんな小さなことでも誠意を持って対応する、ということです。 その心がけは、今までの人生を振り返ったときの反省の気持ちから生まれました。 40…

せめてあと10年早くミニマリズムに出合いたかった。今、20代、30代のミニマリストが羨ましい

ミニマリストへの道 書店に行くと断捨離やミニマリズム、シンプルライフに関する本がいつも沢山並んでいます。それだけ世間の関心が高く、本も売れているのでしょう。 ミニマリストブームが起きたのは2015年頃ですが、それ以前にも断捨離やハウスキーピ…

両親にパートに出ることを大反対されました。在宅ワークを始めることを検討しています

パートを探していることを両親に話す アラフィフで専業主婦の私は、現在パートの仕事を探しているところです。 しかし先日母親から電話があったとき、そのことを話してみると、父親と共に大反対されました。 www.himetsubaki2017.com パートに出ることを反対…

【本】罪を償うってどういうこと?本当の償いとは何なのかを考えさせられる。東野圭吾著「虚ろな十字架」

東野圭吾著「虚ろな十字架」 今回読んだこの作品から、本当の意味での罪の償い、そして死刑制度の是非など、重いテーマについて深く考えさせられることになりました。 虚ろな十字架 (光文社文庫) posted with ヨメレバ 東野 圭吾 光文社 2017-05-11 売り上げ…

9月1日と3月11日は防災備蓄品を見直す日。ローリングストック法で非常時も普段の食生活を送りたい

年に2回防災備蓄品をチェックする 9月1日は防災の日。 1923年9月1日に発生した関東大震災と、2011年3月11日の東日本大震災。 他にも大きな地震があちこちで起きていますが、この2つの震災記念日の間はちょうど半年なので、私は毎年9月と3…