読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

姫椿流 隠居生活への道

隠居生活を夢見ています

スポンサーリンク

人との競争から降りる。自分に自信があれば底辺にいても幸せでいられる

もう競争はしたくない 気が付けば、四捨五入すると50になる歳になってしまいました。 ここまで生きると、誰かと競争することに、ほとほと疲れて、もうどうでも良くなります。

人は死んだらどうなるのか?無? それとも輪廻転生?

死んだらどこへ行くのだろう 死後の世界ってあるのでしょうか? 美輪明宏や江原啓之の本を夢中で読んでいた数年前は、生まれ変わりというのは本当にあって、魂は修行するために何度もこの世に生まれ変わるのだと信じるようになっていました。 でも今では、や…

シンプルな暮らしを楽しむ。でもお金はたくさん持っていたい

お金のことばかり考える毎日 毎日、お金のことばかり考えています。 お金、お金って何だか品がないようですが。 度重なる出費に、どうやって対処しようかと悩む日々です。

「人間関係は腹六分」というのはその通りだと思う

人と接することに疲れる 子どもたちが大きくなってきて、ちょっとした言い合いをすることが増えてきました。 私もつい、口うるさくなってしまうし、子どもたちも生意気な口を利くようになってきています。

シンプルに合理的に生活を楽しむ

日常生活を楽しむ 今日は穏やかで暖かな天気です。夫は仕事、子どもたちは学校へ。 今の時期は新緑が美しく、何もかもが希望に満ち溢れているように感じられる、私が1年で一番好きな季節です。

まだまだ続く、臨時出費の嵐

臨時出費の嵐 ポストを覗いたら、固定資産税の納税書が入っていました。 そうでした。すっかり忘れていました。5月は固定資産税を納めなければいけないということを。

もはや実家に居場所は無いと改めて感じたゴールデンウィーク

ゴールデンウィークは実家に滞在 姫椿の実家は遠方にあるので、5/3~7まで家族で帰省していました。 滞在中は、実家でのんびりしたり、少し足を延ばして観光地へ出かけたりして過ごしていました。 子どもたちは久しぶりに会う祖父母(私の両親)との交流…

5月は臨時出費があることを失念。どうにもならない家計に頭を抱える

学校関係の出費が多い5月 午前中に、子どもたちがそれぞれ学校から持ち帰ってきた家庭向けのお便りを読んでいましたが、どれも集金のお知らせばかり。 5月は普段と比べて学校関係の集金が沢山あることをうっかり忘れていました。

理想のカーディガンに出会う。妥協で買わずに2年待って良かった話

街へショッピングに出かける 帰省の準備のため、街へショッピングに行きました。 主な目的は、息子の服と私の服です。 それから久しぶりに美味しいお寿司が食べたくなりました。

趣味の断捨離

沢山の趣味 姫椿の趣味は、ピアノと読書です。 この2つがあれば、とにかく幸せです。 しかし、数年前まではもっと沢山の趣味を持っていました。

忙しい一日。そしてドミニック・ローホー著「シンプルを極める」を再読して

早起きして家事をする 今日は5時に起床しました。 昨日は疲れて台所の片づけをしないで寝てしまったので、朝からまず洗い物です。 全くだらしない主婦だと我ながら思いますが、疲れているときは、こういうのもアリかもしれません。

夕食の準備完了。午前中の時間を有効に使って、午後からは自分時間を楽しむ

夕食の準備をする 洗濯機を回している間、夕食の準備をしました。 今日は夕方から息子の習い事の付き添いをしなくてはいけなくて、帰宅は19:30頃になってしまうからです。

紅茶と本とお菓子で至福の時。今夢中になっているミステリー作家・薬丸岳

午前中に家事を済ませる 寒いときは家事をするのも億劫になりますが、暖かくなってくると苦なく身体が動き、今日は午前中に夕食の準備以外の家事を終わらせました。

専業主婦の美容院代はどれくらい?

美容院へ行く 午前中は美容院カラーリングに行きました。 白髪が大分目立ってきて、さらにパーマをかけている部分が痛んで茶色くなってきたので、全体に染めてもらいました。 私は結構白髪が多く目立つので、定期的に染めないといけないことが悩みです。

家事のモチベーションを上げるためにすること

楽な方へ流される 家の中が物質的にシンプルになり、掃除の手間がうんと楽になったというのに、意思の弱い私は、疲れているときなど、台所のシンクに洗い物を貯めこんだまま寝てしまったり、今日は掃除機をかけよう、と決めていたのに、翌日に持ちこしてしま…

エア買いとカフェ時間を楽しむ

ぶらり表参道へ 土曜日は夫が子どもたちと留守番をしてくれると言ったので、お天気も良いことだし1人で表参道、青山の辺りに出かけて来ました。

懐中電灯用の乾電池のストックについて考える

きっかけは東日本大震災 東日本大震災後、我が家は懐中電灯と予備の電池を常備するようになりました。 たびたび計画停電もありましたし、今後また大きな災害があったときに必要であると実感したからです。

今の自分は自分自身のこれまでの行動の結果である

海外で暮らす友人から絵葉書が届く ポストを覗くとエアメールが入っていました。 それはイギリスに住んでいる友人からの絵葉書でした。

ミニマリスト主婦の、家計のやりくりに悩む日々

家族で一泊二日の旅へ 家族で一泊二日の旅へ行ってきました。 近場で短い期間のささやかな旅でしたが、家族での良い思い出を作ることが出来ました。

「大好き」を集めたファイルの中身を処分。その理由は?

ファイルの整理をする 私は、新聞や雑誌の記事で感銘を受けたものは必ず切り取ってファイリングしています。 新聞のコラムがメインで、写真の綺麗なインテリア雑誌やファッション雑誌の切り抜きもあり、私の色々なお気に入りを集めたファイルとなっています…

ミニマリスト主婦のお金の使い方・モノから経験へ

経験したことは無くならない モノへの欲望が日に日に小さくなっていく姫椿です。 モノを買うことが減るのに反比例して、「モノとして残らないもの」にお金を使うことが増えました。

欲がどんどん減っていくわけ

娘とショッピングへ 先日、娘が新宿へ行きたいというので二人でぶらっと出かけて来ました。 娘の買い物の付き合いと、ランチを楽しみました。

自分を大切にすることが大事

いつも「お気に入り」を身に着ける 息子の習い事の付き添いに行ってきました。 いつものように、待ち時間はマックで過ごします。 今日は、先日買ったばかりの春物のセーターを早速着ました。

定番の品、行きつけのお店があるのは安心

普段着を購入 先日、服を買いました。普段着です。 私にとって普段着とはワンマイルウェアのことです。ちょっと近所まで出かけられる服です。 今着ているものがだんだん似合わなくなってきて、着ている自分の姿を鏡で見るたびに、気分が下がっていたので、新…

こうして生きていることが奇跡

言うことを聞かない子どもにイライラする 私には小学生の娘と息子がいます。幼児の頃に比べ、手がかからなくなってきたとはいえ、やはりまだまだ大変なところもあります。 今日も、息子は家でごろごろして学校の勉強や習い事の練習もせず、部屋はちらかし放…

お金を使わずに楽しむ方法

歩いて図書館へ 片道40分ほど歩いて、図書館へ行ってきました。今日は良いお天気で、とても気持ちが良かったです。 平日の昼間は、リタイアしたと思われる男性が非常に多いです。 新聞や雑誌を読むコーナーはいつもオジサマ達でいっぱいです。 私も、「暮…

友人の定義とは

特別な友人は3人 先日、友人が遊びに来ました。 私の数少ない貴重な友人です。 私が特に大切にしている友人は3人です。 私は昔から1人でいることが好きな人間なので、仲の良い友人といえども、しょっちゅう会うのは疲れてしまいます。 そして仲の良い友人…

本物の素材で調理する

だしパックでふりかけを作る 今日は、だしを取った後のだしパックの中身でふりかけを作りました。 だしパックの中身を出し、ゴマ、しょうゆ、みりんを足してフライパンで水分が無くなるまで弱火で炒めるのです。 よくある市販のふりかけと違い、手作りで本物…

どんな事も永遠ではない。流れに身をまかせてみるのも一つの策である

辛いパート勤務の日々 パート勤務をしていた3年ほど前、職場の人間関係に苦しんでいた頃は忙しく余裕のない日々を過ごしていました。しかし本だけは日常的に読んでいました。 そして、色々なことを考えていました。

ストレスのない生活で体調は良好です

最近、あまり風邪を引くこともなく、体調が良い日々を過ごしています。 これには色々な原因があると思いますが、一番大きいのはストレスが無いせいだと私は思っています。 正確に言えば、全くストレスが無いわけではありません。 子どものことで悩みは尽きま…

ある雨の日の一日

いつもいつも雨の日は、何もする気がなくてぐうたらな一日になってしまいます。

おひな祭りのお祝いとまったりした日常

日曜日のお昼は、2日遅れのひなまつりのお祝いをしました。 当日の学校給食のメニューがちらし寿司だったので、家庭でのお祝いは今日にしたのです。 錦糸卵とイクラをたっぷりのせたちらし寿司とわかめのお吸い物を作りました。 私は久しぶりにちらし寿司を…

「下流老人」にならないためにすること

家族全員が家にいる土曜日と日曜日は、3度の食事の支度と後片付け、そして息子の習い事の付き添いで忙しく過ごしています。 今日は夕方から習い事の付き添いがあるので、出かける前に夕食を作る必要があり、朝から昼過ぎまでずっと台所に立っていました。 …

雨の日は休息日

雨の日はいつも身体がだるく、何もする気になりません。

こつこつとマイペースで貯金するつもりです

最近書店に入ると、株や、FX、投資信託の本が目に付きます。 アマゾンで検索しても、沢山出てきますし、運用している方のブログも多くあります。 普通に銀行にお金を預けても、全然増えることはないし、お金持ちになる人は、よく勉強して投資などで上手く…

結局は家ごはんが最高です

子どもに関することで用事があり、街へ行ってきました。 せっかくなので、ウィンドウショッピングとランチをしてきました。 書店では、村上春樹の「騎士団長殺し」がドーンと平積みされていて、少しだけ読んでみたら欲しくなってしまいましたが、やはり2冊…

専業主婦のお小遣いの額と使い道

小遣いは月1万円 専業主婦、姫椿の1ヶ月のお小遣いは¥10,000です。 年2回のボーナス月は追加のお小遣いがあります。 これが一般的に多いのか少ないのかは分かりませんが、私自身の過去と比べると、 随分と慎ましいものになりました。 独身の頃は、…

息子との平凡で貴重な日々

私は毎週2日ほど、息子の習い事の付き添いに行く用事があります。 昨日も夕方から出かけて来ました。 昨日は2時間ほどの待ち時間をマックで過ごしていました。 マックで私がいつも頼むのは、紅茶とホットアップルパイ。 合わせて200円という安さが有難…

本当の自分というもの

私の周りにいる友人や知人は、バリバリ働いてお金を稼ぎ、そのお金で豊かに暮らす、というタイプが多いです。 一方、私はというと、全く反対のタイプで、欲しいものがあっても、働くことと天秤にかけると、ゆったりした時間を持てる方を選びたいと思っていま…

自分の存在意義とは何なのか?を考えてしまいます

私は、これといって特別何かを極めたいと思うほどに好きなものもなく、何か興味のあるものをこだわって突き詰めてそれなりのレベルにまで高める、ということがありません。 もちろん趣味はありますが、深く入り込むことはなく、どこか冷めているところがある…

高い塾代。通わせるかどうか悩むところです

娘は来春から中学生です。 本人は今からとても張り切っていて、頑張ってレベルの高い高校へ行けるよう、努力したいと言っています。 そうすると、塾へ、ということになります。 それで、塾へ通うとなるとどの位費用がかかるのか、調べてみました。

村上春樹の新刊「騎士団長殺し」を買うかどうか迷っています

村上春樹の世界が好き 私はハルキストではありませんが、村上春樹の長編小説が大好きです。 「世界の終わりとハードボイルド・ワンダーランド」や「海辺のカフカ」、そして羊男シリーズなどが好みです。 明日はいよいよ久しぶりの新しい長編小説「騎士団長殺…

久しぶりに街へ出て買ったもの

久しぶりに街へ出て、買い物をして来ました。

服よりも髪にお金をかける

いつものお気に入りの服を着ても、何となくしっくりこない訳 すっかりパーマが取れてしまい、カットも5ヶ月ほどしていないので、どんなにおしゃれをしようと思っても今ひとつぱっとしません。そこで、美容院に行ってきました。

シンプルに心豊かに生きる。お金はそんなに必要ありません。

姫椿はミニマリストです。 とは言っても、モノを減らすこと自体に快感を覚える、というタイプではありません。 家具がほとんどない、がら~んとした部屋で暮らしたいわけでもありません。 自分の本当に好きな、こだわりのあるモノだけに囲まれて暮らしたい、…

銀行印を統一する

我が家には100均で購入した三文判が沢山あります。 買ったのは勿論私ではありません。 何でも深く考えずに物を買う、マキシマリストの我が夫です。 小さい物とはいえ、何本もあると管理が大変ですし、どの印鑑がどの銀行届出印なのかも分からないという状…

40代にして余生。心穏やかに過ごしたい

現在40代の主婦。 子供は小学生で、まだまだ子供をしっかり育てるという義務があります。 でも、自分だけのことを考えたとき、今は余生であるかのような、そんな気持ちで毎日を過ごしています。

健康維持のため、主婦が日々実践していること

死を意識する 隠居生活を夢見る姫椿です。 最近、知人が病死するという悲しい知らせが3件も舞い込んで来ました。 皆30~40代。 20年来の知人については、昔の華やかだった時代を知っているだけに、人生って、分からないものだとしみじみ感じています。 …

嫌いなトイレ掃除を習慣化するために行ったこと

苦手なトイレ掃除 隠居生活を夢見る姫椿です。 主婦として、しかも専業主婦として大変恥ずかしいことではありますが、私はトイレ掃除が好きではありません。 でも、よく言われていますよね。 「トイレを綺麗にしていると金運が良くなる」

隠居を夢見る専業主婦。隠居生活とは?そして隠居生活のために必要なこととは何か?

隠居生活を夢見る姫椿です。 年齢は40代。 家族は夫と子供2人。 以前は子どもを学童保育に預け、パートに出ていました。 少しでもお金があれば助かると思ったからです。 しかし、家事や育児との両立に身体がついていかず、また、職場での人間関係が上手く…