姫椿流 隠居生活への道

老後を意識しながら今を心豊かに生きる、アラフィフ姫椿のブログです。

1年5ヶ月かけて、ようやく100記事達成しました。こんなのんびりブログですがこれからもよろしくお願いします

100記事達成への長い道のり 2017年2月にブログを始め、この記事が100記事めとなります。 ここまで来るのに、なんと1年5ヶ月もかかってしまいました。 ブログを始めるとき、1記事につき少なくとも1000文字以上書くことを自分に課しました。…

【本】丁寧に大切に暮らす日常。心あたたまるエッセイ。石田ゆり子著「Lily-日々のカケラ-」

歳を重ねても変わらず魅力的なゆり子さん あまりテレビを見ない私は、世間の一般的な人と比べて、芸能人を知りません。 だから、好きな女優はだれ?と問われても、頭に浮かぶ女優さんの数は限られています。 最近出てきた人は、ほとんど分かりません。 女優…

誇り高く、自信を持つことは大切。でも謙虚に、奢ることなく。

ゆとりが出てくると・・・ 仕事に慣れてくると、職場の色々な面が見えてきます。 ゆとりが出てくるということですね。 私も、入社して半年以上がたち、ゆとりを持って職場を見渡す余裕が出てきました。 それはとても良いことですが、その一方で、慣れたこと…

おすすめのマカロン。ラデュレとサダハル・アオキ。大人になっても、色とりどりのお菓子は幸せの象徴です

洋菓子店は夢の世界 会社の帰りに電車を途中下車して、贔屓にしている洋菓子店に寄ってきました。 頑張っている自分へのご褒美として、時々美味しいお菓子を買って帰ります。 家族の分を買うこともありますが、今日は私の分だけです。 色とりどりの美しいお…

4月5月は臨時出費だらけでした。毎年分かってはいるけれど、非常に厳しい家計に憂鬱な気分です

お金がどんどん無くなります 今日で5月も最後。 明日からはもう6月ですね。 月日の経つのは早いです。 毎年思うことですが、新年度が始まる4月と5月は出費が多くて、頭を悩ませます。 先月から今月にかけて、夫から、娘から、息子から、「〇〇のお金ちょ…

パートを始めて半年が経ち、悩まされる人間関係。人間関係の悩みは鈍感力と自分の世界を持つことで解決しよう

難しい人間関係 パートを始めて、半年以上が経ちました。 今の職場は、常識があり、穏やかで親切な人がほとんどなので、人間関係で大きく悩むということはありません。 以前の職場の人間関係が辛すぎたので、今度の職場はパラダイスのようだ、と入社後しばら…

アラフィフパート主婦の思うこと。会社より自分を大切に。体調の悪いときに無理をして会社に行く必要はない。

風邪を引いてダウン 関東ではこの数日、急に気温が下がって肌寒い日が続いています。 少し前から体調が下り坂だと感じていましたが、気温の変化についていけず、久しぶりに風邪を引きました。 昨日、今日と2日間会社を休んでいます。 突発的に会社を休むと…

お金も欲しいし、適度な刺激も欲しい。あまり家事に手を抜きたくもないし、趣味も楽しみたいというわがままなアラフィフ主婦の働き方

待ちに待ったお給料日 今月もお給料日がやってきました。 自分のパート代が入るお給料日は、夫のお給料日以上に待ち遠しいです。夫の給料とは比べ物にならないほど少ない金額ですけれど。 つまり、金額の多い少ないではないのです。 一ヶ月間、一生懸命働い…

人生100年時代到来!ぐうたら主婦の心境の変化。働く老後も良いかもしれない。仕事も遊びも楽しんで!

働くことが楽しい 以前にも書きましたが、毎日仕事へ行くのが楽しく、外で働くことの喜びをひしひしと感じています。 www.himetsubaki2017.com お金のため に仕方なく働きに出始めた私ですが、今では、もちろんお金のためもありますが、純粋に、働くというこ…

ささやかな買い物を心から楽しいと感じる今日この頃。毎日持つハンカチにこだわって日常を楽しむ

タオルハンカチを新調する ハンカチは、タオルハンカチを愛用しています。 水分をしっかり吸収してくれ、バッグの中でびしゃびしゃにならないのが良いですね。 また、洗濯後にアイロンをかける必要もないので、家事の手間が省けて助かります。 今まで、ハン…

【本】文学界の天才中学生・鈴木るりかさんの「さよなら、田中さん」を読んで考える。人生や幸せというものについて

14歳の天才作家の作品に心が震えた 中学生が書いた、最近話題の小説を読みました。 14歳の中学生作家、鈴木るりかさんのデビュー作、「さよなら、田中さん」です。 さよなら、田中さん posted with ヨメレバ 鈴木 るりか 小学館 2017-10-16 売り上げラン…

娘と歩いた夜道でチンピラ三人組に遭遇。身の危険を感じた夜。その時夫は?

塾帰りの娘を迎えに行く 先日、少し怖い思いをしました。 娘は夕方からバスへ乗って塾へ通っているのですが、塾が終わるのが夜の10時で、それからバスに乗って帰宅します。 自宅の最寄のバス停は自宅から徒歩10分ほど。 夜の10時を過ぎて中学生の娘が…

事務系アラフィフパート主婦が仕事に着て行く服。冬のセールでワードローブが充実しました

おしゃれの楽しみ パートの仕事へ行くことの楽しみの1つは、おしゃれをすることです。 私が働く職場には制服がないので、着替えの面倒もなく、好きな服を着て仕事ができます。 職種は事務なので、服が汚れることを気にする必要もありません。 少ない服を着…

再びパートを始めて3ヶ月。人間関係が良ければ忙しい毎日も楽しく充実したものになると実感しています

働き始めて3ヶ月が経ち、思うこと 3年ほど専業主婦でいたあと、平日午前中のパートを始めてそろそろ3ヶ月になります。 以前パートをしていたときは、職場の人間関係になじめなかったことで、日に日に職場へ行くことが苦痛になり、通勤電車で降りる駅が近…

【本】再読の楽しみ。人生経験を積んで読み返す物語から感じるもの。2018年は若い頃に読んだ名作を読み返す予定です

2018年の読書計画 本が大好きです。 子どもの頃から、読書が一番の趣味でした。 色々な本を読みますが、一番好きなものは小説です。 純文学も大衆文学も、どちらも読みます。 推理小説、恋愛小説、歴史小説・・・どんなジャンルでも割と何でも読むほうで…

主婦のスケジュール管理。手帳派?それともカレンダー派?

雑誌「エクラ」付録のカレンダー ここ数年、雑誌は図書館や美容院で読むことにしているので、自分で買うことはありません。 しかし、毎年12月だけは例外で、付録のカレンダーが目的で1冊だけ雑誌を買っています。 eclat(エクラ) 2018年 01 月号 [雑誌] po…

今の小学生は可哀想だと思う。昭和ののんびりした時代が懐かしい

昭和の子供時代 私が小学生だった昭和の時代、昭和50年代は、世の中がのんびりしていて、良い時代だったとしみじみ思います。 平日の放課後も、休日も、近くの公園に行けば誰かが遊んでいて、遊ぶ相手がいなくて暇だなんてことはありませんでした。 近くの…

家事という仕事はお金を稼ぐことと同じように大変なことなのです

疲れて家事がおろそかになる今日この頃 パートに出るようになってからは、もう身体がくたくたなので、平日の勤務日は、洗濯と食事という毎日どうしてもやらねばならないこと以外の家事は、出来ずに終わることがほとんどです。 掃除はほとんどを休日に行って…

クリスマスの楽しみ方。そして子どもにサンタクロースの正体を明かす時期とタイミング

子どもはサンタクロースの正体に気づいている? 12月が近づいてくると、我が家の子ども達はサンタさんにお願いするプレゼントを何にしようかと考え始めます。 小学5年生と中学1年生の子ども達は、毎年欲しいプレゼントをサンタさんへの手紙に書いて、自…

専業主婦生活に終止符を打ち、パートで働くようになって変化したこと

パート主婦の平日スケジュール 約3年間専業主婦生活を満喫しましたが、教育費や老後の資金のことを考えて、平日の午前中のみ、働きに出るようになりました。 平日のスケジュールはこのような感じになっています。 6:00 起床 (どうしても起きられないと…

もうやめたい・・・。年賀状の断捨離を検討しています。気持ちのこもらない年賀状を出すことに意味があるのでしょうか?

年賀状のことを考えはじめる時期が到来 毎年お願いしている業者の、年賀状印刷の受付が始まりました。 年賀状。 毎年毎年、憂鬱でたまりません。 ほとんど形式だけのやり取りになっている年賀状。 思い切って止めてしまいたいと思いつつも、なかなか勇気が出…

おもてなしは気楽に。友人を紅茶とお菓子でおもてなし。ランチは外食。手土産は要りません

我が家で友人とおしゃべり 友人が家に遊びに来ました。 彼女は大体ひと月に一度くらいの頻度で、我が家に来てくれます。 いつも一通りの家事を終えてから、午前11時頃から午後1時頃まで、たわいのないおしゃべりをして楽しく過ごしています。 ひと月に一…

【本】“フランス・パリ流”の豊かな暮らしを提案する本 おすすめの3冊

おすすめフランス・パリ流 ”豊かな暮らし本” 書店へ行けば、ミニマリストやシンプルライフ、断捨離、節約術などの、シンプルに豊かに暮らす提案をする本がたくさん並んでいます。 数年前に「フランス人は10着しか服を持たない」が話題になり、もちろん私も…

損得勘定は捨てよう!どんどん食が細くなるアラフィフ主婦のビュッフェの楽しみ方。

家族での外食 我が家は、いつも家族の誕生日に外食をすることにしています。 近場で食べることもあれば、わざわざ電車に乗って出かけることもあります。 普段は外食をしないので、年に4回のささやかな家族の楽しみとなっています。 お店を選ぶのは、もちろ…

【本】受験をする人にもしない人にもおすすめ!人生の哲学本。林修著「受験必要論」

林修著「受験必要論」 「今でしょ!」で有名な林先生の著作本を初めて読みました。 林先生はよくテレビに出ておられるようですが、私はあまりテレビを見ないので、実を言うとこの本を読むまでそのお考えなどを深くは知りませんでした。 受験必要論 人生の基…

多い?少ない?アラフィフ夫婦家庭の教育費。我が家の中学1年生と小学5年生の教育費を公開します

我が家の教育費 教育費は「聖域」と言われていますが、私も、家計のやり繰りに頭を悩ませながらも、教育費を削るということがなかなか出来ずにいます。 我が家の1ヶ月のおおよその教育費です。 中学一年生(公立中学校) 塾 30,000円 塾交通費 3,000円 中学…

【本】母の偉大な愛。もしも我が子が脳死状態になったなら?東野圭吾著「人魚の眠る家」

東野圭吾著「人魚の眠る家」 「脳死」という非常に重いテーマを扱った小説です。 人魚の眠る家 posted with ヨメレバ 東野 圭吾 幻冬舎 2015-11-18 売り上げランキング : 5006 Amazon Kindle 近々離婚する予定であった仮面夫婦の娘が事故に遭い、おそらく脳…

【本】カフェを賢く利用する。カフェの上手な活用法ならこの本。齋藤孝著「15分あれば喫茶店(カフェ)に入りなさい。」

齋藤孝著「15分あれば喫茶店(カフェ)に入りなさい。」 先日、書店で面白そうな本を見つけました。 カフェを愛する私にとっては見逃せないタイトルです。 15分あれば喫茶店に入りなさい。 posted with ヨメレバ 齋藤 孝 幻冬舎 2010-09-01 売り上げランキ…

今の場所に家を買って後悔していること

マイホーム 我が家はそろそろ築20年になる、4LDK 約80㎡ の一戸建てです。 結婚と同時に建売を購入しました。 二人の子どもはこの家で生まれ育ち、家族にとってたくさんの思い出が詰まった大切な家です。 しかし、この家を購入して後悔しているところが…

【本】運命を受け入れたときから人生は変わり始めるのかもしれない。夏苅郁子著「心病む母が遺してくれたもの」

夏苅郁子著「心病む母が遺してくれたもの」精神科医の回復への道のり 以前朝日新聞で精神科医の夏苅郁子さんを紹介する記事を読み、その過酷な人生に衝撃を受けました。 そして先日、ずっと気になっていた夏苅郁子さんの著書を読みました。 心病む母が遺して…